東京・八王子の明治38年創業 呉服店「きものの西室」

今月のよもやま話

令和2年9月・長月



山紫水明(頼山陽)

●今月は、頼山陽(らいさんよう)が亡くなった月です。
又、歴史に残る川中島の戦い(四回目)があった月でもあります。



 [上の写真は、頼山陽の家(書斎・京都市上京区)です。
 左側の女性は、山陽の保存会の会員で案内をしてくださった方です。]

●そこで、山陽の話。彼は、儒学者で文人・詩人です。
山陽は、風光明媚な京都の鴨川沿いに書斎兼茶室(お煎茶
を建て清談を交わしました。
この場所は、日本中で「最も景勝の地だ」と云う事で
山陽は、「山紫水明処」と名付け、
「関白我也」と言ってこの景色を独り占めできることを喜んでいました。
●山陽が書いた日本の歴史書「日本外史」は幕末に
尊王攘夷論を加速させ、尊王の志士に多大な影響を与えました。



 [この部屋から、当時は鴨川が見えました。残念ながら現在は土手です。
 又、部屋の欄干は、中国風ですがこれは魔除けの形です。]

●10月のよもやま話は、「 」(  )です。
住所:東京都八王子市横山町6-12
電話番号:042-642-2466
営業時間:10時~19時
休業日:毎週水曜日

Copyright © きものの西室 All rights reserved.