東京・八王子の明治38年創業 呉服店「きものの西室」

今月のよもやま話

平成30年2月・如月



会津を造った武将(蒲生氏郷)



●移転の後遺症がまだ長引いています。もう少しです。

●今月は、蒲生氏郷(がもううじさと)が亡くなった月です。
織田信長に認められ信長の娘を嫁にしております。優秀で名門です。



 [上の写真は、氏郷が生まれた滋賀県蒲生郡日野にある像です。]

●秀吉の時代に、命で伊達政宗の抑えという事で
会津若松(当時は黒川)に転封になった時に
 「こんな田舎に来ては、『いざ』と云う時に
我家の家紋を背負って京に上がる事もできない。」
と嘆いたそうです。
●氏郷は、利休七哲と呼ばれその筆頭です。
利休の息子・少庵が京都所払い(利休切腹の時)になった時にこの縁で、
会津の氏郷を頼りました。



 [上の写真は、氏郷を支えた日野商人の屋敷です。
  現在は、記念館になっています。]

●3月のよもやま話は、「和算の神様」(関孝和)です。

住所:東京都八王子市横山町6-12
電話番号:042-642-2466
営業時間:10時~19時
休業日:毎週水曜日

Copyright © きものの西室 All rights reserved.